和札ブログ2011年5月一覧|和柄名刺作成なら京都ブランドの【和札】

ブログ

雨さえも味方に/ファッションカンタータ開催!

5月には珍しい巨大台風がやっと去り、
つかの間の晴れ模様の京都。
先週末は雨音を聞きながらじっと部屋で読書、なんて方も多かったのではないでしょうか。
私もそうする予定・・・だったのですが
台風に負けじと、とあるショーを見に行ってきました。

 

 

 

7.jpg 

去る5/27、西本願寺にてファッションカンタータという和装と洋装のファッションショーが
降りしきる雨の中行われました。
時の綺羅をテーマに、洋装からはアナスイ、和装からは京都コレクション協議会の作家さんが作品を発表。
「雨が降っても美しいものはきれいである」という演出家方の言葉の通り、
したたる雨、薄暗いお堂にぱっと映える鮮やかな着物と洋装、
悪天候のため急遽用意したという蛇の目傘がうまくマッチして
京都らしい、魅力的な空間が演出されていました。

 

 

▽ ショーの様子▽

 

5.jpg

モデルの杏ちゃんも登場!

 

 

4.jpg

 

2.jpg13.jpg和装が大好きという元ちとせさん&中孝介さんも!なごり雪を熱唱

 

 

 


京都コレクション協議会代表の羽田登さんは
「昔は座布団に座る生活から膝前の柄が重要だったのが、
イスに座る生活に変わることによって帯より上の部分が重要になってきている。
作品を作っていく上で、古来の工法に固執するのではなく、
消費者の好みや生活様式の変化に柔軟に対応していかないといけない」と
着物離れが進む昨今の状況の中で、今作家がすべきことについて熱く語っておられました。


古典的な柄とはちょっと雰囲気の違う、作家独自の柄ゆきや色。
大胆な構図の着物の数々。
低迷気味の着物業界を打破するかのような勢いのある作品を見ることができ、
このショーが人を惹き付ける理由や意味を感じることができました。

 

写真・文/鈴木晴奈

筆が持つ力で人の目を引く!筆文字の名入れサービスについて

f2.jpg

友禅の美しい着物柄にぴったりな、筆文字で名前を入れたい。
でも自分の字には自信がない・・・そんな方へ、筆文字の名入れサービスを始めます。

筆で書いたお名前を画像データにして名刺に使用します。
選べる書体は4種類。墨の濃淡、かすり、線の勢いは手書きならでは生まれるもの。

文字の持つ印象に合わせて、
お気に入りの書体で名刺をお仕立てしてみませんか。

                   
坂上彰啓(さかがみあきひろ)

9歳の時に習字を始めて以来、文字の世界に没頭する。
立命館大学政策科学部卒業後、小学生向けの書道教室を運営する傍ら、
パンフレット、広告などの文字デザインを行う。

ご注文いただける文字の種類

楷書(太)・・・力強い、男性的な印象。フォーマル向け。


楷書(細)・・・曲がりの部分が丸みを帯びるため、楷書(太)に比べると柔らかい印象。


行書(太)・・・かな文字。流れるようなラインは女性的な印象。


行書(細)・・・行書(太)に比べて、繊細な印象。女性向け。

金額

基本料金+3500円(税抜き/校正1回あり)

ご注文方法

ご注文シートstep2 筆による名入れサービス(3,500円〜)のプルダウンで
ご希望の筆文字をお選び下さいませ。

>>>和札柄一覧はこちらから