サンクスカード一覧

【近江染工】

50年余り続く型友禅を専門とした染工場「近江染工」は、もともと京都にあった工房から滋賀の近江へ移動。型友禅は手描き友禅と違い型を用いて染める技法を指し、一反を仕上げるのに40枚もの型を必要とすることも(振袖の場合では150~200枚)。世の中の着物離れ、またインクジェット機械による染技術の開発が進む中、代表の井上さんは「丁寧な仕事をしたい」という想いで一反一反を丁寧な手作業で仕上げています。

富宏染工富宏染工富宏染工
左:大量の型が保存されるが、今は型を彫る職人が少ないそう
中:窓際に並べられた刷毛は色ごとに使い分けられる
右:広い工房内で一反の端から端を固定して作業する

 

お好みの商品をクリックすると詳細・注文ページへ進みます。

w00019*大割牡丹唐草/近江染工*

w00018*大割牡丹唐草/近江染工*

w00016*八重菊唐草/近江染工*

w00015*八重菊唐草/近江染工*