【瀬戸内寂聴の名言】|和柄名刺作成なら京都ブランドの【和札】

矢印 消費税の変更・一部商品の価格変更について
矢印 日本国外からの注文および発送の一時休止のお知らせ

ブログ

【瀬戸内寂聴の名言】

—————————————

 
 どんな悲しみや苦しみも必ず歳月が癒してくれます。
そのことを京都では『日にち薬(ひにちぐすり)』と呼びます。
時間こそが心の傷の妙薬なのです。

 

—————————————

 

 生かされているのですから素直に有り難いと思いましょう。
生きている値打があるから生かされているのですもの。

 

 —————————————

 

本当の優しさとは、相手を理解し、

相手の心情を思いやる想像力を持つことです。

 

 瀬戸内寂聴

 

—————————————

 

『日にち薬』という言葉、みなさんはご存じでしたか?
今が苦しくても、いずれ時が癒してくれる。
そう思うと、少し心が軽くなりますね。

生を受けたことに感謝して、日々を過ごしましょう。

 

 

はじめてお会いした方へ名刺を渡すとき、

あなたはどんなお話をしますか?

 

和札では、ここぞという時にネタにしたい

素敵なことば、素敵なフレーズをおとどけします。 

 

○京都発の着物デザイン名刺「和札」 アイテム一覧はこちら↓
http://www.wafuda.jp/items/

 

 

続きを読む»

カレンダー

RSS