【松井秀喜の名言】|和柄名刺作成なら京都ブランドの【和札】

矢印 消費税の変更・一部商品の価格変更について
矢印 日本国外からの注文および発送の一時休止のお知らせ

ブログ

【松井秀喜の名言】

—————————————

 

状況に応じたバッティングがどれだけできるか、

それが打席でのテーマです

 

—————————————

 

成績に満足するとか、しないとか、というのはないんですよ。
常に反省を次に持っていくという感じですから

 

—————————————

 

終わりはないと思うんです。
一つ何かをクリアしても、
その先にはまた一つ新しいテーマがある

 

 —————————————

 

調子が悪くなったときも、

絶対に前の感覚を思い出そうとするのは嫌なんです。

そう思った時点で、それは後戻りですから

 

 —————————————

 

毎日毎日の試合を全力でプレーして、

それを積み重ねていくしかない。

そのためには一打席一打席、

一球一球集中してプレーするしかない

 

松井秀喜『僕のメジャー日記』文藝春秋、2004

 

—————————————

 

 

常に前へ向かって進む。後ろは振り返らない。

そのためには一日一日を、一分一分を、

すべての瞬間を大切に生きなければならないのですね。

 

 

はじめてお会いした方へ名刺を渡すとき、

あなたはどんなお話をしますか?

 

和札では、ここぞという時にネタにしたい

素敵なことば、素敵なフレーズをおとどけします。 

 

○京都発の着物デザイン名刺「和札」 アイテム一覧はこちら↓
http://www.wafuda.jp/items/

続きを読む»

カレンダー

RSS